デザイン・アートランキング

20代OLのおすすめあれこれ

20代OLがタイトル通り自分のオススメを紹介します

アート

銀座無印6FATELIER MUJI 『白 の中の白 展 ―白磁と詞(ことば) という実験。』 、『かたちときもち 吉の毎日』 丁寧な暮らしは豊富な知識が必要になる

こんにちは! 銀座無印6FにあるギャラリーのATELIER MUJIにある『白 の中の白 展 ―白磁と詞(ことば) という実験。』 、『かたちときもち 吉の毎日』 にいってきました! 詳細 『白 の中の白 展 ―白磁と詞(ことば) という実験。』 『かたちときもち 吉の…

美術オタクの私がおすすめ! 美術館初心者のための美術館5選!

美術館に行ってみたいけどおすすめって? という方に美術館オタクの私が初心者の方のために紹介! 王道! 上野 東京都美術館 美術なんてわかんない!という方でも大丈夫! 六本木 21_21 DESIGN SIGHT 写真撮影OKならここ! 六本木 森美術館! どっぷり現代ア…

【感想レポ】 記憶の珍味 諏訪綾子展 資生堂ギャラリー 誰か私と一緒にもう一度行きませんか…? 体験しなきゃ始まらない新感覚へ!

「記憶の珍味 諏訪綾子展 Taste of Reminiscence Delicacies from Nature」に行ってきました!!! 資生堂ギャラリーでは、2020年1月18日(土)から3月22日(日)まで、諏訪綾子の個展『記憶の珍味』を開催します。諏訪綾子は、本能的な無意識の感覚に訴えること…

【感想レポ】たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代 たばこのポスターがたくさん!ポスター黄金時代をご覧あれ〜!

パナソニック汐留美術館の後、タバコと塩の博物館の「たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代」展にいきました! たばこと塩の博物館(通称:たば塩)では、1890年代から現代に至る、国内外のたばこ広告をはじめとしたポスターを多数所蔵しています。明…

【感想レポ】「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展」 パナソニック汐留美術館 ブルーノ・タウトと日本! モダニズム家具をご覧あれ〜!

こんにちはー! パナソニック汐留美術館「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展」にいきました! 1928年,初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され,1933年には来日中のドイツ人建築家ブルーノ・タウト(1880–1938)が顧問に招かれて剣…

【感想レポ】オープンスペース2019 別の見方で NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 映像作品多い体験型アート!

こんにちはー! ひだ展、白髪一雄展のあとにこちら! 行ってきました! 今回は時間の関係でオープンスペース展のみ。 オープンスペース展「オープン・スペース」展は,メディア・アート作品をはじめとする,現代のメディア環境における多様な表現をとりあげ…

【感想レポ】白髪一雄展 東京オペラシティアートギャラリー 躍動感!!!絵具の力、人間の生命力を感じる!

こんにちはー! 白髪一雄展@東京オペラシティアートギャラリーに行ってきました! 白髪一雄は、戦後日本の前衛芸術を牽引した具体美術協会の中心メンバーとして知られ、近年改めて国際的に熱い注目を集めています。兵庫県尼崎市に生まれた白髪は、具体美術協…

【感想レポ】ひだ -機能性とエレガンス- 文化学園服飾博物館 ひだ、ギャザーの魅力をもっと知りたいならここ!

新宿駅から徒歩十分 こんなところにいきました! 「 ひだ -機能性とエレガンス-」 衣服のひだには、プリーツ、ギャザー、シャーリング、タック、ドレープ、フリルなど、多くの表現があります。これらのひだには、布を体のラインにフィットさせるため、動き…

【感想レポ】㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画 21_21 DESIGN SIGHT クリエイターたちのすばらしい原画!でもちょっといわせて!

21_21 DESIGN SIGHT に行きました! 21_21 DESIGN SIGHTでは2019年11月22日より「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」を開催します。展覧会ディレクターには、ハードウェア、ソフトウェアからインタラクティブアートまで、多岐にわたって活動するTa…

【感想レポ】所蔵作品展 パッション20 東京国立近代美術館工芸館 工芸とは?アートとは?考えてみませんか?

工芸を「パッション」の語とならべて考えることは、もしかしたらふだんはあまりないかもしれません。なぜなら工芸に注がれるパッションは姿かたちや質感にすっかり溶け込んで、むしろ背景の諸事情をいちいち分析する間もなく味わえるよう整えられてきたから…

【美術館レポ】窓展: 窓をめぐるアートと建築の旅 東京国立近代美術館 窓の奥深さ、しりたくない?

東京国立近代美術館に行ってきました! 窓展: 窓をめぐるアートと建築の旅 東京国立近代美術館 が開催中 窓をめぐるアートと建築の旅に、さあ出かけよう。マティスやクレー、デュシャンなど20世紀美術の巨匠から、リヒターやティルマンスなどの現代美術、ル…

【感想レポ】新国立美術館 ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年 わざわざハンガリーに行かなくてもこんな素晴らしい作品に出合えるなんて!

国立新美術館の「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」に行ってきました! 日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念し、ハンガリー最大の美術館であるブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション展を開催…

【感想レポ】東京都現代美術館 常設展 MOTコレクション 第3期 いまーかつて 複数のパースペクティブ 現代アートなんてわからない? わからなくていい!

つづくの後に行ってきました 「MOTコレクション 第3期 いまーかつて 複数のパースペクティブ」 東京都現代美術館では、戦後美術を中心に、近代から現代にいたる約5400点の作品を収蔵しています。こうした収蔵作品を紹介する「MOTコレクション」展では、会期…

【感想レポ】ミナ ペルホネン/皆川明 つづく 東京都現代美術館 服にときめいたこと、ありますか? 

東京都現代美術館にいきました! ミナ ペルホネンは、デザイナーの皆川明(1967-)が設立し、ファッション・テキスタイルを中心に、且つデザインの領域にとらわれない活動をしています。皆川がミナ ペルホネンの前身となる「ミナ」を立ち上げたのは 1995 年。…

【感想レポ】刀剣博物館 最近流行の刀、じっくり見てみたくない? ならここへ!

こんにちはーー! 東京博物館の同じ最寄り駅の刀剣博物館にも同じ日にち行ってきました! 刀剣博物館は日本刀を保存・公開し、 日本刀文化の普及のため、日本美術刀剣保存協会の付属施設として昭和43年に開館しました。 日本刀は古来武器という性質以外に、…

【感想レポ】すみだ北斎漫美術館北斎没後170年記念 北斎 視覚のマジック 小布施・北斎館名品展 北斎の魅力は浮世絵だけじゃない! 最晩年期の北斎の魅力を堪能あれ!

江戸東京博物館、刀剣博物館のあとにいってきました! 江戸東京博物館から歩いて10分ほど。 まっすぐなので迷う心配もないかと。 小布施から北斎晩年の傑作 祭屋台天井絵「鳳凰」「男浪」がやってくる!2019年は世界的に名高い浮世絵師・葛飾北斎(1760-184…

『美術館レポ』東京国立博物館 本館 日本美術を一から知りたい? ならつべこべ言わずにここに行け!

東洋館のついでに本館もいってきましたー! 本館! 本館(日本ギャラリー)2階は、縄文時代から江戸時代まで、時代を追って展示する「日本美術の流れ」。国宝や重要文化財などの名品でたどる「ほんもの」の美術史をお楽しみください。1階は彫刻、陶磁、刀剣…

【 美術館レポ】日本国立博物館「人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-」 俺達(紀元前)の美しさを見よ!自然の力強さを添えて!

こんにちは!日本国立博物館にいってきました〜! 今回は東洋館編! 企画展をやっています! 企画展は写真撮影NGで常設展は写真撮影は許可されているものはOK!中国、朝鮮の歴史ある品々がおおくあり、常設展だけでもおなかいっぱい そして纏足靴、初めて見…

【美術館レポ】「コートールド美術館展 魅惑の印象派 」印象派だからこその筆使い、長時間いれちゃうコスパの良さ!

こんにちは!コートールド美術館展にいってきたので、その感想レポです〜! ロンドンにあるコートールド美術館のコレクションから、印象派・ポスト印象派の作品を紹介します。実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションを核に1932年に設立された…

く【美術館レポ】インターメディアテク  配置の神が織りなす東大の英知の一部!

ダンスオブヴァンパイアの行く道中で見つけた無料の博物館です! 時間があったので、見に行ったのですが結構よかったので紹介! インターメディアテク IMTとは 日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が協働で運営をおこなう公共貢献施設が丸の内JPタワ…

【 美術館レポ】「21_21 DESIGN SIGHT 「虫展」 」虫の「気持ち悪さ」への挑戦

こんにちは! 雨、すごいですね こんな日は美術館はどうですか?? 美術館初心者の方でも面白い展示をご紹介します! 21_21 DESIGN SIGHT 虫展 21_21 DESIGN SIGHTでは2019年7月19日より企画展「虫展 −デザインのお手本−」を開催します。展覧会ディレクター…

【 美術館レポ】森美術館 「塩田千春展︰魂が震える」

こんにちは! 美術館レポをするならこちらも載せておきたい!と思ったので書いておきます 森美術館「 塩田千春展︰魂が震える」 ベルリンを拠点にグローバルな活躍をする塩田千春は、記憶、不安、夢、沈黙など、かたちの無いものを表現したパフォーマンスやイ…

【美術館レポ】埼玉近代美術館『DECODE 出来事と記録ーポスト工業化社会の美術』に行ってきました!

始めて書きます。ドキドキ。 埼玉近代美術館『DECODE 出来事と記録ーポスト工業化社会の美術』に行ってきました! ここ、私の好きな建築や現代アートなど多く展示してくれるのと、建築が好きでちょくちょくょくいくんですよね。 立地もJR北浦和駅か…